中古クルーズデスク&アトラスチェアを使用しての感想

半年前までは、フリーアドレスと呼ばれるデスクに アーロンチェアを使用していました。

当時は、ぎっくり腰を患ったせいか 腰痛に悩んでおりましたが、アーロンチェアでの事務作業は腰への負担が少なく、快適にデスクワークができていました。


しかし、

振り返ってみると たしかに 腰への負担は軽減できていましたが、同時に4つの不具合が起こっていたのです!

1・首の痛み

ヘッドレストのないアーロンチェアは、長い時間のパソコン作業では首が痛くなっていました。

2・目の疲れ

パソコン作業に集中していると、モニターとの距離が近くなっていることがありました。

3・手首や腕のしびれ

キーボードを入力するとき、肘が机の角にあたり痛みがありました。


あれから半年・・・。

クルーズデスクとアトラスチェアを使用したことで快適にパソコン作業ができるようになりました。


クルーズデスクとアトラスチェアを使用してわかった5つの氣付き

1・クルーズデスクのモニター台は、高さ調整ができ、見下ろせるようになった!

デスクトップモニターを使用していると、時間の経過とともに姿勢が悪くなり見上げることが多かったのですが、モニター台(=サブ天板)の高さ調整が出来ることで、見下ろせるようになり目の疲れが少なくなりました。


2.モニターアームの使用で、さらに快適になった!

モニターアームの使用で、モニターと目の距離が調整でき、デスクトップモニター使用時と比べ、さらに目の疲れが軽減されました。


3.キーボード入力が楽になった!

クルーズデスクの高さや角度調整ができることで、手首と平行になり、腕や手首の痛みやしびれがなくなりました。


4.手元で簡単に操作ができる!

調整機能が多いとどこをどうしたら調整できるのか分かりずらい。

しかし、クルーズデスクとアトラスチェアの場合、天板裏に高さ・角度調整できるレバーがあり、座りながら かんたんに操作ができます。


5.一石二鳥!2つの役割が1つのデスクでできる!!

デスクワークというと、事務仕事だけでなく、長い時間のパソコン作業をすることも。

クルーズデスクとアトラスチェアを使用することで、そのつど席を変えることなく、手元のかんたん操作で、デスクを変えることができます。まさに、一石二鳥!


デスクワークを夢中にさせるクルーズ&アトラス2点セットを使用していただくことで不可能を可能にする と言っても過言ではありません。