中古クルーズデスク&アトラスチェアの使い方

2種類の使い方ができる

①短時間のパソコン作業または事務作業の場合

②2時間以上パソコン作業する場合


クルーズデスク 手元でかんたん調整

天板裏の左右のレバーを外側に開くだけで調整できます。


クルーズデスク 天板の高さ・角度調整

長時間作業の場合、手首が浮いた状態で入力作業をすると、腕や手首への負担がかかり、痛みやしびれ等が出やすくなります。

高さ・角度調整ができることでピッタリあわせられ、腕や手首、肩への負担が軽減できます。


モニター台の位置・高さ調整

「 パソコン作業をしていると目が疲れる 」

そんなときは、モニターの位置を見直すだけで疲れにくくなります。

・モニターと目の距離を40cm以上 はなすこと

・あごは突き出さず、引くこと

で、さらに身体への負担を軽減できます。


アトラスチェアの 手元でかんたん調整
高さ・角度調整

背もたれを倒すことで、より広い面積で身体を支えられ 体圧を分散できます。

はじめに、アトラスチェアの座面右のレバーで、座面を下げます。

次に、座面左のレバーで 背もたれを倒します。

背もたれを固定してもいいですし、背もたれの跳ね返りを右のダイアルで強くしてもOKです。


しっかり支える 高さ・角度調整付ヘッドレスト

普段はあまり重さを感じない頭の存在ですが、約4~5キロ程度の重さがあります。

長い時間パソコン作業でも、重い頭を楽に支えられるのが ヘッドレストです。

高さや角度が調整できることで、身長の高い人でも ピッタリあわせることができます。


安定した大きな肘置き

通常のチェアの場合、肘置きとして使用しますが、

クルーズデスク&アトラスチェアの場合は、

クルーズデスクに潜り込む姿勢になることで、デスク上に肘を置くようになります。


足のむくみを軽減できる 足置き

脚のむくみ発生 計測データにもあるように、足置きを使用することで血の流れを妨げにくくなり 身体の負担が軽減できます。

また、クルーズデスクとアトラスチェアを使用した場合、足を投げ出した状態となるので、床に付きにくくなります。

そこで、足置きに足を置くことで不安定な足先を安定させることができるのです。


誤った使い方
足置きを使用しての事務作業

お腹が圧迫されます。


天板を高く、角度を最大にしての事務作業

肘が浮くことで、腕の痛みがでやすくなります。


天板を低くしての事務作業

猫背になり、腰や首の痛みがでやすくなります。


天板を低くし、角度を10度にしての事務作業

猫背になり、腰や首の痛みがでやすくなりますし、肘が浮くことで、腕の痛みがでやすくなります。


販売中のクルーズデスク&アトラスチェアモニター付きセットへ戻る方は、こちら ↓

販売中のクルーズデスク&アトラスチェア3点セットへ戻る方は、こちら ↓