クルーズ&アトラスのデータ

通常のデスク・チェアとクルーズデスク・アトラスチェアの比較
①姿勢の変化

2時間パソコン作業をしたときの、姿勢の変化を計測しました。

・モニターと目の距離が近くなる

・猫背になりやすい

・手首が浮いてしまう

・腰の位置がずれてしまう

・モニターと目の距離が離れる

・安定した姿勢


[ 計測した結果 ]

クルーズデスクとアトラスチェアを使用することで、身体が感じる負荷が少ない状態となり、2時間のパソコン作業でも姿勢を安定させることができるとわかりました。


②体圧の分散

座ったとき身体にかかる圧力の分布について計測しました。

・背中の接地面積が少ない

・腰、お尻、太ももにかけ圧力がかかっている

・背中の接地面積が広い

・お尻にやや圧力がかかっている


[ 計測した結果 ]

クルーズデスクとアトラスチェアを使用することで、広い面積で支え、体圧を分散することで、身体が感じる負荷が少ない状態となり、楽な姿勢を持続できることがわかりました。


③脚のむくみ

[ 計測した結果 ]

通常のデスク・チェアを使用したときは、時間の経過とともにむくみが大きくなっている。

一方、クルーズデスクとアトラスチェアを使用したときは、ほとんど変化が見られなかった。

クルーズデスクとアトラスチェアを使用した姿勢は、心臓と脚の高さが近くなり、血の流れを妨げにくくなったことで、より疲労度を少なくする姿勢であるとわかりました。


※販売中のクルーズ&アトラスモニター付きセットへ 戻る場合は、こちら ↓

[ 計測した結果 ]

通常のデスク・チェアを使用したときは、時間の経過とともにむくみが大きくなっている。

一方、クルーズデスクとアトラスチェアを使用したときは、ほとんど変化が見られなかった。

クルーズデスクとアトラスチェアを使用した姿勢は、心臓と脚の高さが近くなり、血の流れを妨げにくくなったことで、より疲労度を少なくする姿勢であるとわかりました。


※販売中のクルーズ&アトラスモニター付きセットへ 戻る場合は、こちら ↓

※販売中のクルーズ&アトラス3点セットへ 戻る場合は、こちら ↓