集中力と姿勢の密接な関係

集中力がつづかない・・・

今回は、「知らなった!! 集中力と姿勢の密接な関係」と題し、

集中力と姿勢

にフォーカスし、調査しましたので報告いたします。


実は、集中力と姿勢 には、深い 密接な関係がありました。


なぜ関係するのか?


まず腰が曲がっていると、呼吸が自然と浅くなります。

猫背になると、胸の辺りが圧迫されて、自然と呼吸が浅くなってしまいます。

体の血液循環も悪化して、体や脳に行き渡る酸素も不足します。

その結果、ぼうっとして集中力が低下します。

また、疲れやすさにも影響します。

一見、楽に思える猫背ですが、背骨には大きな力が入り、負担になっています。

姿勢が悪いと疲れやすくなり、仕事も長く集中できなくなってしまいます。


集中力をつけるために必要なのは、

姿勢をよくすること 。


姿勢がよくなるだけで、自然と集中力が向上すると言っても過言ではありません。

腰が伸びることで、呼吸が深くなり、血液循環が正常になり、酸素も十分に供給されます。

また胸を圧迫することもないので、血液の循環がよくなって、酸素が体に十分に行き渡ります。

もちろん脳へも供給される酸素も増え、集中力が向上します。