Claudio Bellini クラウディオ・ベリーニ

Claudio Bellini クラウディオ・ベリーニ とは、1963年にミラノで生まれ、生活、仕事共にミラノで行っているデザイナーです。

イタリアの名門デザイナー一族でもあるClaudio Bellini クラウディオ・ベリーニは、彼は生まれながらにしてデザイナーでもあります。なぜなら父親がイタリアを代表するデザイナー マリオ・ベリーニなのです。

当然ながら幼いころからデザインに深く関わった生活をしていたのです。

大学を卒業した1990年から1996年までは父マリオ・ベリーニの事務所で多くの世界的建築やプロジェクトに関わっています。

そして、1996年には新しいプロセスや独創的なアプローチを行うデザインスタジオ「Atelier Bellini(アトリエ・ベリーニ)」を設立します。

1998年にFrezzaから革新的な家具システムTW collectionを発表し、現代のオフィスに新たな展開をもたらしました。

現在ではクラウディオ・ベリーニ・スタジオはヨーロッパでも有数のデザインスタジオとして認識されています。

ウォルター・ノル、ポルトローナ・フラウ、デセデ、Riva1920などといった世界的な大ブランドとコラボレーションしており、Red dotデザイン賞やiFデザイン賞、グッドデザイン賞などといった国際的なデザイン賞を受賞しています。

また、クラウディオ自身もブランドのアートディレクターとして活躍しています。

2003年からイタリアのキッチンメーカーのBarazzoniにはパッケージングデザインや製品コレクションの開発を行い、成功を収めていますし、2010年からはFursysグループ向けの製品ラインのデザインを行っています。

また、2012年からはナツッジグループの製品ファミリーのデザインも手掛けています。

また、ジェノバ大学で家具デザインの講師も行っており、彼の創造的なプロセスを後輩に伝えようと尽力し、まさに現在イタリアを代表するデザイナーです。